• スタープロは、ヘルメットに求められるパフォーマンスを常に最適で快適なものにするため、特別設計されたヘルメットである。 レースで通用する高い空力性能と、高機能なベンチレーション技術。
    相反するその要素を持ち合わせた、今までにない全く新しいヘルメットに仕上がっている。


  • ベンチレーション、温度調節、そして快適性。プロレーサーのヘルメットに対するニーズはあくまで現実的かつ究極的。アクティブエアロテクノロジーは、その1つで全てを解決するための、BELLからの回答。ヒルクライムからスプリントまで、アクティブエアロで差をつける。


  • 30°のヨーアングルの状態で、25mphの風を当てた場合:(ゲージを判断基準とした場合)


  • スプリントにおいては、1秒1秒が勝負を左右する。表彰台への道、 そしてフィニッシュラインを1番最初に切れるかどうか。このグラフは、300メートルのスプリントを1150Wで走った場合の走行距離の差を表している。


  • このグラフは、スタープロと従来のロードヘルメットの冷却効率を表している。 最初の5分間を見ると、ベンチレーションを開けたスタープロは、何も被らない場合と比較してより速い冷却効果をもたらすことが分かる。


メタルからペダルへ。
モト・カルチャーからの伝達。


時速200マイル(320キロ)を超えるスピードの中、レーサーを支えるヘルメットのためのエアロダイナミック・プロフィールの絶え間ない研究。
そしてアイコニックなシルエットと、スピードカルチャーで育まれた確かな伝統。
スタープロは、このような唯一無二のバックグラウンドを持つBELLにしかできないヘルメットとして誕生した。
これらの要素が、この特別なヘルメットのデザインのヒントであり、その特別な成果たらしめるものでもある。

BELLのエンジニアリングチームが設定したアグレッシブなエアロダイナミクス目標を達成するべく、
BELLは自社独自の風洞実験施設、「The Dome(ドーム)」をカリフォルニアの本社R&D施設内に完成させた。
チーム・ベルキンのスポーツエンジニアとも協力しながら、風洞実験の第三者機関からも自社施設と同様の結果を得ることができたのも、
ある高みに到達したその一つの証明でもある。
そして最終的には、スタープロのテストデータが、自らを語ることになるのである。

THE SCIENCE OF SPEED