60 YEARS
AND GOING
STRONG

1954年以来、ベルはアクションスポーツにおける様々な転倒シーンを想定し、その目的に叶うプロテクション機能を有する製品を提供し続けてきた。

広範囲に渡る試験の取り組みは、現実のライド、つまり2つとして同じ衝撃は起こりえないという事実に基づいている。

その事実はやがて、何十年に及ぶヘルメットに関する豊富な専門知識と最先端の研究開発施設「ドーム」から“ベルスタンダード”という試験規準を生みだす。

この“ベルスタンダード”とは、まさにベルのプロテクションに対する全面的なコミットメントであり、アスリートを確信に満ちてパフォーマンスを発揮させることを可能にするものである。


リニアーアクセレレーション方式試験

ツインワイヤー形式とし、直線加速度計と速度時間ゲートを用いて衝撃度指標や頭部損傷規準(HIC)、そして最大重力加速度を測定することができる。そのため管理規準およびベルの広範囲に渡る衝突試験方法を規定とすることができ、様々な表面にヘルメットを落下させる「試験」が可能となった。

ローテーショナルアクセレレーション方式試験

試験用ダミーの模擬表面へと衝突する速度や重量、角度を変化させることで衝突試験が可能となり、典型的な衝突力学のシミュレーションを行うことができる。

ベロシティー試験

様々な転倒シーンを想定するため異なる速度で衝突試験を行う。

耐久性試験

暑さや寒さ、濡れた状態での衝撃試験

チンバー自体の試験

編込素材の保持力試験

フィッティングの研究

ライダーからのフィードバック

これらの様々な試験を行うことで、プログレッシブレイヤリングやリゼリエントEPP、ブレークアウェイ機能、ラップアラウンドプロテクションといった革新的な新機能が開発されてきた。そして遂にベルの真摯な取り組みは、次世代の多用途なプロテクション技術としてのMIPSへの投資やICEdotとのパートナーシップという形を実現した。